国内線飛行機の予約

国内線の飛行機の予約

飛行機を利用するケースは私たちの日常でも身近になってきております。
帰省や旅行、出張など私たちの移動手段として飛行機は有効な選択肢になっています。
その背景には、早期割引運賃やPeach・ジェットスター・バニラエア・春秋航空日本などのLCCの参入でおトクに利用できるようになったからというのが大きいでしょう。
飛行機に乗る場合の基礎知識をご紹介しますので、参考にしてください。
 
航空券というのは、飛行機のチケットです。まずは航空券の買い方の基本のマスターしましょう。
航空会社によって多少の違いはありますが、基本的には同じです。慣れてしまうと簡単です。
JRに乗る場合のように、搭乗する少し前に券売機で購入するようなこともできます。
 
注意したいのは、直前に購入すると高くなるケースが多いことです。
そして、満席で乗れないこともあります。新幹線ならば、少しあとの時間にしたり、自由席もあります。
航空機は空席がないと乗れません。だから、遅くとも前日までに購入するほうがいいです。

 まずは搭乗したい区間と日にちと時間帯を決めることからスタートです。

旅行計画に基づいて利用する空港、時間を決めましょう。
成田、羽田、関西空港など主要な空港は複数の航空会社が入っています。
しかしながら、ローカル路線の場合は航空会社の数も限られています。
 
場合によっては、1日に1往復や2往復の場合もあります。
そういったローカル路線は競争も比較的少ないです。競争の観点からも早期割引などの運賃も少ないです。
料金も時間帯もそれほどたくさんの選択肢はありません。利用する航空会社や空港についての特性を把握することで賢く飛行機を利用しましょう。

 旅行会社の窓口で購入する方法

最初は大手の旅行会社の窓口で購入するのが安心できるかもしれません。
JTBとか近畿日本ツーリストとか日本旅行とかです。
別に大手でなくても、街にある旅行代理店でも購入できます。
旅行会社のカウンターに行けば、自分が希望する日にちと区間を言えば、
どこの航空会社が飛んでいるか教えてくれます。
その中から時間と料金を確認して選ぶといいでしょう。
 
旅行会社のスタッフがおトクなフライトを紹介してくれます。
予約を完了したら、その場でお金を支払って清算します。
クレジットカードでも現金でも大丈夫です。旅行会社では「eチケット」を発券してくれます。
eチケットが航空券になります。
 
自分の名前が間違いないか。日付や区間や時間を確認しましょう。
問題がなければ、そのeチケットを搭乗日まで大切に保管しておきましょう。
実際に空港に行ってチェックインカウンターでeチケットを提示すれば、搭乗手続きが完了致します。
 
旅行会社で購入できる航空券は日本航空や全日空などの大手航空会社がメインになっています。
Peach・ジェットスター・バニラエア・春秋航空日本などのLCCは
旅行会社のカウンターで取り扱っていないこともあります。
 
割引運賃が適用される種類は多いです。おトクな反面、キャンセルする場合の取消料が
とても高額なこともあります。
変更ができないこともあります。利用条件をチェックしてから購入しないといけません。



  クリアファイル 印刷



伐採 名古屋

ベリーダンス衣装